青色申告がお得になるのはこんな人です

家族に仕事を手伝ってもらっている人にお得

青色申告はメリットが色々とあるものの、何かと面倒な事が多いため避けてしまう自営業者が多めと言われます。ただし、特定の状況下にある人に関しては決して無視できないあまりにも大きなメリットがありますので是非注目してみてください。結婚している人が自分の妻・または父母等に仕事を手伝ってもらっていてきちんと給料を支払っている場合でも、白色申告においてはそれを経費として計上できません。 一方、青色申告においてはそれができてしまいます。しかも、支払った給料の「1/3」「1/2」といったように一部しか経費にできないのではなく、全額を計上する事が可能です。そういった意味で、一人で仕事をしているのではなく家族に手伝ってもらっているような人はあらかじめ青色申告の知識を得ておくことをおすすめします。

初期投資に多額のお金がかかる人にお得

続いて、自営業を始めたばかりで最初の数年はどう頑張っても赤字が続く事が予測される場合にも青色申告はお得な存在となります。青色申告においては、分離申告における株式投資の損失額を繰り越せるように、事業における純損失全額を最長3年間繰り越す事が可能です。そして、ようやく事業が軌道に乗ってきていよいよ多額の税金を支払わなくてはならない状況になっても、損失額を所得から差し引けます。そのため、過去3年からの損失額の大きさによっては所得が発生しはじめてから数年間は所得税を0円で済ます事も場合によっては可能となります。

一方、白色申告では全額ではなく赤字額の一部しか繰り越す事ができません。そういった意味で、初期投資額がかなりの額になる人にとっても青色申告はお得な存在です。

時間の拘束から解放され自分のペースで仕事が出来る、組織における複雑な人間関係から解放される、マンネリから脱却することが出来るなどのメリットが得られるのが、独立という働き方です