白色申告の方がお得な人とは

白色申告の仕組みについて

自営業を営んでいる場合、確定申告する時には「青色申告」と「白色申告」の二種類の申告方法があります。
確定申告は難しいというイメージがありますが、簡単な申告方法なのが白色申告です。開業してから何も申請を出さなければ自動的に白色申告になるのに対し、青色申告は事前申し込みすることによって申告することができます。
白色申告の自営業者は確定申告の時に「収支内訳書」と「確定申告書」を提出して税金を払います。内容は年間の売り上げ-必要経費=事業所得ですので、その事業所得に合わせて税金を支払うというシステムになっています。
白色申告はメリットもありますが、デメリットもあるため青色申告と比べてどこが良いのかを比較してから申告方法を考えることがオススメです。

白色申告のメリットがある人

青色申告の場合、メリットも多いですが、ケースによっては白色申告の方が得なこともあります。 まず、白色申告のメリットとしては事前申請の必要がないことが挙げられます。青色申告の場合は定められた期限内に税務署に申請書を提出する必要がありますが、その手間がないのは時間の節約などにもなります。 複式簿記が必要ないのもメリットです。青色申告は厳格な記帳が必要ですが、白色申告はさほど厳格な記帳は必要ないとされています。記帳付の義務はありますが、簡単な簿記でも申請できます。 このようなメリットから、家事育児、介護などで事業に割ける時間が少なく、手伝ってくれる人もいない場合には白色申告の方が手間が少ない分だけ負担が少なくなります。目先の税金ではなく、生活の負担を考慮して申告方法を選ぶことが大切です。

あまりお金をかけずに開業できる業種は存在します。ただし事業が軌道に乗るまでには時間がかかる場合が多いため、まずは数年分の事業・生活コストを貯めることが重要です。