自営業者が青色申告する事で得られるメリットとは?

自営業なら青色申告がおすすめな理由

毎年税務署に所得と納税額を申告する確定申告には、大きく分けると青色申告と白色申告の2種類があります。青色申告の場合は、複式簿記で帳簿をつけることが義務付けられているなど、白色申告に比べて申請に手間がかかってしまうことも多いですが、その分様々な面で白色申告にはない優遇措置を受けることができます。ある程度収入がある場合は、優遇措置を受けた方がお得だったり節税対策になったりすることがあります。個人事業主である自営業の場合は、特に青色申告の優遇措置によって得られるメリットが大きくなってくるため、場合によっては帳簿の作成を外注してでも青色申告を受けた方が、得られるメリットを考えた際にはいいこともあるのです。

自営業者が青色申告で得られるメリットの数々

青色申告をすることで受けられるメリットの中でも分かりやすいのが、青色申告特別控除を受けられるという点です。これは何か特別な手続きを必要とせず、青色申告をするだけで受けられる控除で、単式簿記での申告の場合は10万円、複式簿記で申告すると65万円という控除額になります。また、青色申告をすることで向こう3年分の赤字を繰り越して計上することができるため、赤字が続いた場合、その後に利益を計上した際の申告時に大きな節税につながる場合があります。家族への給与を全額経費として計上できるのも青色申告ならではのメリットです。他にも、減価償却費が一括で計上できたり、自宅の家賃も経費として計上できたりするなど様々なメリットがあります。

「新しく事業を起こすこと」を起業といいます。一般的に、「自身のアイデアを実現するため」「能力を発揮するため」また「縛られず自分の意思に沿って仕事したい」という思いなどが動機、とされます。